谷口雄太『〈武家の王〉足利氏』

谷口雄太『〈武家の王〉足利氏』 評論

谷口雄太〈武家の王〉足利氏』読了。
タイトルの通り、「武家の王」としての足利氏が、どのように成立したのかとどのように崩壊したのかを論じた本です。
戦国時代にあっても、多くの武将にとっては、どの足利を担ぐか、どうやって足利にお近づきになるか、という動きが主でした。
その背景として、どうやら近年の学会では、そこに共通の利益があったとする共通利益論と共通の価値があったとする共通価値論とで議論が続いているようです。
この本の著者である谷口氏は後者の代表で、前者の代表は『戦国時代の足利将軍』の著者山田康弘氏であるとのこと。
無論、両者相譲らずというわけでもなく、本書で著者が政治学や社会学での議論を援用し、そもそも国家が成立するには、①力②利益③価値が必要であるとしているように、いずれも必要な要素なのでしょう。
むしろこの場合、戦国時代の足利将軍家には、①の「力」が圧倒的に欠けているという点が、残りの二者のいずれかで理解しなくてはならないかのような錯覚に陥ってしまうことの現れなのかも知れません。
他の政権であれば、三位一体でなんとなく理解してしまえるところ、まずもって武力がないとなると少し議論は迷走しがちなのは致し方なしといったところ。
いや、こんな事言うのは研究者の方に失礼なんでしょうけれども。

本書で著者は、武力で政権を樹立した後に、足利家が所作やしきたり、儀礼を通じて、またプロパガンダを通して自らの正統性を作り上げていった様子と、それが達成されたことを示すエピソードを淡々と挙げていきます。
価値観というのは見えないもので、それがあえて語られることはない以上、こういう形でしか示せないのは面白いですね。
そのプロパガンダの強引さも室町ならではというか、面白さがあります。
例えば、系譜からすると足利は義家の三男義国のラインなのに、頼朝の再来的な位置づけにしたいので、義家の五男為義のラインの義朝につながる吉見家も足利一門ということにしてしまう、とか。
それからどうも太平記の影響の下、足利対新田の図式で見てしまいがちですが、本当は新田も足利一門です、とか。
支配者による歴史の歴史化と言いましょうか、味わい深いものがあります。

そんな足利将軍家のの権威が落ちぶれることになった理由として、幕府が任ずる守護などの役職も被官の者など実力本位での登用が増えたことを挙げているのは示唆に富みます。
時代は変わりますが、阿部正弘が黒船への対処について、外様も含め広く意見を求めた幕末の姿と重なりますね。
実力本位であるがゆえの慶喜の将軍職就任もまた、幕府の終わりの象徴ということでしょうか。
それはさておき、そのような実力本位での任官の結果が、長慶や信長といった面々の将軍の権威すら必要としない形での天下統一ですが、その段になっても朝廷による官位については必要としていた、というのが定説でそれ故に足利氏は消え皇室は残った、ということにもつながるのかも知れませんね。
いや、そこに手をかけようとした信長は、だからこそ誅された?なんてね。

谷口雄太本

分裂と統合で読む 日本中世史 [ 谷口 雄太 ]
分裂と統合で読む 日本中世史 [ 谷口 雄太 ] 1,980円(税込)【送料込】

楽天ブックス

谷口 雄太 山川出版社ブンレツトトウゴウデヨムニホンチュウセイシ タニグチ ユウタ 発行年月:2021年09月02日 予約締切日:2021年07月09日 ページ数:240p サイズ:単行本 ISBN:

中世足利氏の血統と権威/谷口雄太【3000円以上送料無料】
中世足利氏の血統と権威/谷口雄太【3000円以上送料無料】 10,450円(税込)【送料込】

bookfan 1号店 楽天市場店

著者谷口雄太(著)出版社吉川弘文館発行年月2019年11月ISBN9784642029582ページ数334,8Pキーワードちゆうせいあしかがしのけつとうとけんい チユウセイアシカガシノケツトウトケンイ

【新品】中世足利氏の血統と権威 谷口雄太/著
【新品】中世足利氏の血統と権威 谷口雄太/著 10,450円(税込)【送料込】

ドラマ 本と中古スマホの販売買取

■ISBN:9784642029582★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル中世足利氏の血統と権威 谷口雄太/著フリガナチユウセイ アシカガ シ ノ ケツトウ ト ケンイ発売日20

【送料無料】 中世足利氏の血統と権威 / 谷口雄太 【本】
【送料無料】 中世足利氏の血統と権威 / 谷口雄太 【本】 10,450円(税込)【送料込】

HMV&BOOKS online 1号店

基本情報ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット本出版社吉川弘文館発売日2019年10月ISBN9784642029582発売国日本サイズ・ページ334,8p 21cm(A5)関連キーワード 978464

鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像/山田徹/谷口雄太/木下竜馬【3000円以上送料無料】
鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像/山田徹/谷口雄太/木下竜馬【3000円以上送料無料】 946円(税込)【送料別】

bookfan 1号店 楽天市場店

著者山田徹(著) 谷口雄太(著) 木下竜馬(著)出版社光文社発行年月2022年03月ISBN9784334045944ページ数251Pキーワードかまくらばくふとむろまちばくふさいしんけんきゆう カマク

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. […] 谷口雄太『〈武家の王〉足利氏』谷口雄太『〈武家の王〉足利氏』読了。タイトルの通り、「武家の王」としての足利氏が、どのように成立したのかとどのように崩壊したのかを論じた […]

タイトルとURLをコピーしました