事業家bot『金儲けのレシピ』

事業家bot『金儲けのレシピ』 評論

事業家bot金儲けのレシピ』読了。

帯には「10億円稼げるレシピ、1500円で売ります」とあります。
そして、もう一方には、「東大中退→年商10億円」とあります。
「稼げる」というのは利益のことだと理解しています。
そうすると実業ならおそらく年商≠利益なので、どちらかは違う、ということになるでしょうか。
もしかしたら、「10億円稼げる」の部分は、これまでの累計の数字で、年商の10億円と比べるべきものではないのかもしれませんけれども。
いや、そんなところを気にしてはいけませんね。
10億というのはある種のメタファなのでしょうから。

それにしてもこの10億という数字がまた絶妙なサイズ感ですね。
1億と言われたなら、ちょっとした大家ならこれくらいありますよ、になりますし、100億ならちょっとした上場企業でしょうから、匿名で出版というわけにもいかないでしょう。

これくらいの商売の規模で、決して本名・顔出しもせず、世間での活動といったら、ツイッターで演説するくらい、頼まれれば本も書きますが、というレベルが、一番精神衛生上もよろしい成功者なのかもしれないですね。

ちなみに15のレシピとありますが、レシピ0から始まるので、正確には16個です。

一番響いたのは、最初に資本主義ときちんと向き合うことを要求しているところ。
ポスト資本主義とか評価経済とか、ぬるい事言ってないでちゃんと儲けることに注力しろよ、と。
やっぱりこういう人のほうが好感が持てるんですよね。
かつ、こういう思想を持った人が、企業経営に携わる人の中での標準になってくれば、徐々に状況も変わってくるのかな、と。

例に上げるのが適切かどうかわかりませんが、堤清二(辻井喬)さんみたいに、経営者の顔もありながら作家だったりしたりするところにも現れていますが、まっすぐに事業・経営というものに向き合っていない感じというのでしょうか。
あの世代の、なんというか豊かさに後ろめたさのあったところというのが、結局のところ、バブルとは関係ない部分で、この失われた30年の遠因にもなっているのかな、という気がします。
浜田省吾の『J.Boy』にも「J.Boy 頼りなく 豊かな この国に」という歌詞がありましたが、バブルのときでさえ、こういう空気感だったのかな、と。
豊かであることに罪悪感があったら、そりゃ没落しますわ。

そういえば、堤さんには上野千鶴子と共著もありましたね。
タイトルがまた秀逸。
ポスト資本社会のゆくえ
何も言いますまい。

事業家bot

金儲けのレシピ [ 事業家bot ]
金儲けのレシピ [ 事業家bot ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

事業家bot 実業之日本社カネモウケノレシピ ジギョウカボット 発行年月:2020年12月14日 予約締切日:2020年09月14日 ページ数:144p サイズ:単行本 ISBN:9784408339

金儲けのレシピ【電子書籍】[ 事業家bot ]
金儲けのレシピ【電子書籍】[ 事業家bot ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>「精神論・根性論ではなく、理論に基づいた金儲けの技術を伝えたい」</p> <p>最高のビジネススキルとは、<br /> 「金儲け術」である。</p> <p>エクセルでうまく計算ができたり<br

[書籍のメール便同梱は2冊まで]/金儲けのレシピ[本/雑誌] / 事業家bot/著
[書籍のメール便同梱は2冊まで]/金儲けのレシピ[本/雑誌] / 事業家bot/著 1,650円(税込)【送料別】

ネオウィング 楽天市場店

【メール便のご利用条件】・商品同梱は2点まで・商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください<内容>東大中退→年商10億円。異色の起業家が明かす金儲けの秘密!ビジネスモデル、経済学、人間の本能。

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. […] 事業家bot『金儲けのレシピ』事業家bot『金儲けのレシピ』読了。帯には「10億円稼げるレシピ、1500円で売ります」とあります。そして、もう一方には、「東大中退→年 […]

タイトルとURLをコピーしました