冬物語 漫画

冬物語 漫画 評論

さて、昨日少し、原秀則ジャストミート』に触れたので、もう一つの原先生の代表作のことなど。

といえば『冬物語』になるわけですが。
浪人時代を指しての「」。
それ自体がもう今日ではあんまりリアリティがないんだろうな、と。

あだち充や高橋留美子に比べると、原先生の漫画が今あんまり語られないのは、そういう時代性を通底としたストーリーだったからなのかな、と感じます。
時代を超えた共感、みたいなものが起こりにくい話の展開。

田中康夫の『なんとなくクリスタル』が今だと読むに耐えない、みたいなのと同じようなものか。
ちょっと違うか。
趣味・趣向の時代性の話ではないので。

なんクリ』は、本文よりも注釈のほうが長いというその構成も含め、当時は議論になったとか。
あれは文学ではないとか、あれはあれで本文の薄っぺらさも含めて時代への批評になっているとか、そのあたりの文壇まわりの現象も含めて面白さを感じ、90年代、大学生になってから読みました。

自分としては、どこかで目にした「あれは松本出身の一橋の学生が書いたものだということを念頭に読まないといけないよ」という忠告が秀逸でしたが。

当時すでに「文化社会論」とかその手の講義で取り上げられるほどには、歴史上の作品でした。
村上龍の『限りなく透明に近いブルー』との対比で題材になっていましたね。
村上龍の時代にはまだかすかに残っていた抗うべきものとしてのアメリカは、田中康夫の時代にはすでに内面化されてしまっており、それを顕在的に意識することもない、と。

限りなく透明に近い」と「なんとなく」の対比。
江藤淳の議論だったと思います。

しかしそんな、あったのかもしれない批評性への幻想も、近年『33年後のなんとなく、クリスタル』を読んで吹っ飛びました。
というか、正確には読破できずに挫折したのですが。
何度となくトライしたのですが、やっぱりだめ。
とても読み終えるまでに至らず。
33年経ったのは良いとして、やっぱりあの薄っぺらさは、時代への批評なんかじゃなく、本当にただ本人が薄かっただけじゃないですか?
と考えざるを得ず。

あー、この人はこの程度のことしか考えていなかったのか、と。
それで政治の世界にまで入り込んで脱ダム宣言とかしちゃったんかー、と。
バブル世代の成れの果ての悲しさに、そっと本を閉じる。

バブル世代の人たち特有の薄さについては、大宮冬洋バブルの遺言』がおすすめ。
アマゾンレビューで、「内容が薄かった」というのがあるのですが、それ、インタビューした相手の人生が薄いのであって、大宮くんのせいじゃないから、というのが私の印象。
相手からここまで聞き出して膨らませてなおかつ全員を褒めるのか、という大宮くんの技量を見るべき本。

話がそれました。
『冬物語』の件でした。

『冬物語』の今日でのリアリティの無さを挙げると、
主人公が受験に失敗し浪人するという点。
一浪で、もっともレベルが低いとされる八千代商科大(架空)に合格するも悶々とし休学する点。
2年遅れで専修大学に補欠合格で入学する点。

学生時代の後輩に、今も予備校講師をやっているヤツがいるのですが、
もう今は『冬物語』なんてありえない世界ですからね。まず浪人しないですよ。ほとんど。それを二浪して専修とか、絶対にないですから。
と言っておりました。

もう、それ以上の解説は要らないくらいの発言です。

今や大学全入時代。
望めばどこかには進学できるわけで、トップレベルの大学でもないのに浪人という選択肢がまず、無い
Fランに進学したからといって、そんなことに悩むような人間も、いない
一念発起して勉強したら、専修にしか受からないとかいう事態には、ならない

というわけでもはやリアリティの感じられないストーリー。

ちなみに『冬物語』、映画にもなっているのですが。
奈緒子役が宮崎萬純さんなんですよ。
あの人、ビーバップの印象が強すぎて・・・。

原秀則

しょうもない僕らの恋愛論(1)【電子書籍】[ 原秀則 ]
しょうもない僕らの恋愛論(1)【電子書籍】[ 原秀則 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>恋愛漫画の名手、待望の新作!!</p> <p>デザイン会社に勤める拓郎の元に、ある日フェイスブックの友達申請が。それは、二十年前、彼が好きだった女性、安奈からのものだった。<br /> だが翌朝

電車男〜ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー〜(1)【電子書籍】[ 原秀則 ]
電車男〜ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー〜(1)【電子書籍】[ 原秀則 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>▼第1話/電車男、誕生▼第2話/かける? かけない?▼第3話/進め、電車男!!▼第4話/もうだめぽ…▼第5話/電車男の冒険▼第6話/終わっちゃうんだ…▼第7話/終わりにできる?▼第8話/電車男の

いつでも夢を(2)【電子書籍】[ 原秀則 ]
いつでも夢を(2)【電子書籍】[ 原秀則 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>どうしても受験勉強に力の入らない多田野はもう一度マンガを描いて編集部に持っていった。今回はほんのちょっとだが良い反応があり、それがきっかけで1日だけ三津田のところへアシスタントとし行くくことにな

ハートボール(2) (ビッグ コミックス) [ 原 秀則 ]
ハートボール(2) (ビッグ コミックス) [ 原 秀則 ] 607円(税込)【送料込】

楽天ブックス

ビッグ コミックス 原 秀則 風巻 龍平 小学館ハートボール ハラ ヒデノリ カザマキ リュウヘイ 発行年月:2017年02月28日 予約締切日:2017年02月25日 ページ数:224p サイズ:コ

レガッタ 君といた永遠(1)【電子書籍】[ 原秀則 ]
レガッタ 君といた永遠(1)【電子書籍】[ 原秀則 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>龍王大学漕艇部に、マネージャーの操が戻ってきた。1年前、部員であり彼氏だった倉田を練習中の事故で亡くして以来、部から遠ざかっていたが、一周忌を機に復帰したのだ。だがもう一人、同じ日に姿を消した男

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました