櫻木みわ『コークスが燃えている』

櫻木みわ『コークスが燃えている』 評論

櫻木みわコークスが燃えている』読了。

都会で派遣社員として生活する女性の生きづらさがこれでもかと綴られます。
派遣社員とは言ってもマスコミの校正の仕事ということで、さほど搾取されているとか人間扱いされていない、とかいう描写が続くわけではありません。
コロナ禍以降の2020年の話で、リモートワーク中心になっているということもあり、さほどオフィスでの細かい描写が無い、ということもあります。
とはいえ、雇い止めとなる日付が迫っている中での不安だとか、妊娠しても有休や保険といった制度からこぼれ落ちてしまう様とか、現在の仕組みが正規社員の夫とその妻を前提としているがゆえのもどかしさみたいなところが当事者の目線から語られます。

著者のプロフィールを見るに、本作品のどこまでがフィクションなのか気になりますね。
文中に旧友が実名で登場したりしていて、登場人物のモデルとなった数人とは、フェイスブックとかを開いたら、「友達の友達」くらいの距離感でいそうな感じです。
多分、学生時代の仲間との同窓会に参加すれば、主人公と同じような境遇の人は多数いて、同じような話を聞くことになるのかな、と考えながら読み進めました。

主人公の女性に対して、「恋愛に歳の差は関係ない」として交際を始めた相手男性ですが、結婚や子どもを持つというライフイベントを前になると、やはり逡巡が出てくるのですね。
親に言われてどうこうというのもあるでしょうが、自分の年齢とライフプランを第一に考えると、結局は年上女性は切らざるを得なくなるという悲しさ。
結局自分の都合しか考えていないのですが、それを隠すこと無く優しい言葉で語られるだけに余計に残酷さが増します。

子どもを生むという選択を考えると、人生の中で女性の側に与えられた時間というのはとてつもなく短いものだと感じます。
特に高学歴になればなるほど、学生結婚でもしない限りは、例えば修士まで進んだとしたら、修了後数年で決断をしないと、もう生むとしても「高齢出産」の域に入ってしまうわけです。
で、そのタイミングで付き合っている相手がいるかどうか、なおかつその相手も同じようにそこに向けて一緒に飛び込めるかどうか、となると、とてつもなく可能性は低くなってしまうな、と。
もはや無理ゲー。

では、上京せずに地方都市でのマイルドヤンキー的な生き方が良かったのか、というと一概にそうではないというのが橘玲幸福の「資本」論』あたりに書かれていたことですね。
多分、主人公のような性格の人はマイヤンの世界は息が詰まるでしょう。
じゃあ、どうしたら良いのか、という話なのですが。
何かを選ぶということは、何かを諦めること。
そんな今更な単純な言葉を、噛み締めながら生きていくしか無いのかも知れません。


櫻木みわ作品

カサンドラのティータイム [ 櫻木みわ ]
カサンドラのティータイム [ 櫻木みわ ] 1,760円(税込)【送料込】

楽天ブックス

櫻木みわ 朝日新聞出版カサンドラノティータイム サクラギミワ 発行年月:2022年11月07日 予約締切日:2022年10月08日 ページ数:184p サイズ:単行本 ISBN:97840225187

コークスが燃えている [ 櫻木 みわ ]
コークスが燃えている [ 櫻木 みわ ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

櫻木 みわ 集英社コークスガモエテイル サクラキ ミワ 発行年月:2022年06月03日 予約締切日:2022年04月15日 ページ数:160p サイズ:単行本 ISBN:9784087717952

【中古】カサンドラのティータイム /朝日新聞出版/櫻木みわ(単行本)
【中古】カサンドラのティータイム /朝日新聞出版/櫻木みわ(単行本) 844円(税込)【送料込】

VALUE BOOKS

◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】 商品状態 著者名 櫻木みわ 出版社名 朝日新聞出版 発売日 2022年1

うつくしい繭【電子書籍】[ 櫻木みわ ]
うつくしい繭【電子書籍】[ 櫻木みわ ] 1,672円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>空港も鉄道もない、ラオスの奥地の辺鄙な村。そこに佇む瀟洒なホテルのような施設に、世界中から選ばれた者たちが訪れる。コクーン・ルームで記憶の奥深くにアクセスし、その人に最も必要なものを見せてくれる

カサンドラのティータイム【電子書籍】[ 櫻木みわ ]
カサンドラのティータイム【電子書籍】[ 櫻木みわ ] 1,700円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>スタイリスト見習いとして働く友梨奈と、牛肉加工工場でパートをしている主婦の未知。それぞれに何かから「抑圧」されている。現代社会で生きていく女性のやるせなさを見事な筆致で描きつつ、他者と他者がつな

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました