鈴木荘一『鎖国の正体』

鈴木荘一『鎖国の正体』 評論

鈴木荘一鎖国の正体』読了。

副題が「秀吉・家康・家光の正しい選択」というもので、彼ら3人の選択によって日本は不毛な宗教戦争をすることなく、平和な江戸時代「パックストクガワーナ」を過ごすことができた、というのが本書の視座です。

本文では信長についても触れていますが、信長はむしろキリスト教を利用しようと布教を許す立場だったので、この副題には載っていない、ということなのでしょう。
秀吉以降の為政者が、イエズス会をはじめとしたカトリック勢力の裏の野望に気づき、それをかわすなり排除するなりした結果、日本は「鎖国」となったという経緯がさっと纏められています。
読後感としては、秀忠の仕事もそれなりにあったように思えるのですが、抜けてしまうのは書名としては3人に絞ったほうが収まりが良いからなのでしょうね。

現在学校で採用されている歴史教科書が、鎖国への経緯がどういう記述になっているのかは知りません。
自分らが学んだ頃は、島原の乱、バテレン追放、鎖国、といったトピックでの把握くらいでしょうか。
本書によると、一時期は「鎖国」という言葉も教科書から消えていたとのことです。
色々と見直しは入っているのでしょうね。
ともあれ、著者なりに子どもたちにはこういう話の展開で教えて欲しい、というような見地からの執筆だったのかな、という気がします。

著者の他の本を読んだことはないのですが、アマゾンのリストを見ると、書名に「正体」とか「真実」とかいう言葉が多いのが少し気になります。
ただ、本書に関してはそんなに違和感のある、というか陰謀論チックな内容はありません。

カトリック対プロテスタントの戦いの構図が、日本でも展開されたことなど、「日本史」で括ると抜け落ちてしまいそうな点など、参考になりました。

でも、日本側が、貿易と宗教の分離を求めたことで最後はプロテスタント国との交易に傾いた、というのはわかるのですが、そこでイギリスでなくオランダになった、というのがまだ少しわかりませんね。
本書ではイギリスが商売下手だったから撤退したに過ぎない、という主張ですが、ここはもう少し深く知りたかったところ。

なお、著者は元興銀マン。
プロフィールによると、2001年に退職し、その後は「歴史研究家」とのことなので、興銀の名前が消える前に辞めたのでしょう。
みずほになってから辞めるよりは賢明な判断でした。
これも歴史家としての勘が働いたのでしょうかね。

鈴木荘一本

日中戦争の正体 中共・ソ連・ドイツにだまされた [ 鈴木荘一 ]
日中戦争の正体 中共・ソ連・ドイツにだまされた [ 鈴木荘一 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

中共・ソ連・ドイツにだまされた 鈴木荘一 勉誠出版ニッチュウ センソウ ノ ショウタイ スズキ,ソウイチ 発行年月:2020年03月 予約締切日:2020年03月06日 ページ数:212p サイズ:単

日本陸海軍 勝因の研究 [ 鈴木荘一 ]
日本陸海軍 勝因の研究 [ 鈴木荘一 ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

鈴木荘一 さくら舎ニホンリクカイグンショウインノケンキュウ スズキソウイチ 発行年月:2021年07月07日 予約締切日:2021年05月27日 ページ数:240p サイズ:単行本 ISBN:9784

三島由紀夫と青年将校 [ 鈴木荘一 ]
三島由紀夫と青年将校 [ 鈴木荘一 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

鈴木荘一 勉誠出版ミシマユキオトセイネンショウコウ スズキソウイチ 発行年月:2019年11月29日 予約締切日:2019年11月11日 ページ数:200p サイズ:単行本 ISBN:97845852

不平等ではなかった 幕末の安政条約 関税障壁20%を認めたアメリカ・ハリスの善意 [ 鈴木荘一 ]
不平等ではなかった 幕末の安政条約 関税障壁20%を認めたアメリカ・ハリスの善意 [ 鈴木荘一 ] 880円(税込)【送料込】

楽天ブックス

関税障壁20%を認めたアメリカ・ハリスの善意 鈴木荘一 関良基 勉誠出版フビョウドウデハナカッタ バクマツノアンセイジョウヤク スズキソウイチ セキヨシキ 発行年月:2019年07月31日 予約締切日

西郷隆盛と大久保利通の明治維新 理想と陰謀の激突 [ 鈴木荘一 ]
西郷隆盛と大久保利通の明治維新 理想と陰謀の激突 [ 鈴木荘一 ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

理想と陰謀の激突 鈴木荘一 さくら舎サイゴウタカモリトオオクボトシミチノメイジイシン スズキソウイチ 発行年月:2022年02月04日 予約締切日:2021年12月24日 ページ数:256p サイズ:

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました