浜口倫太郎『闘資』

浜口倫太郎『闘資』 評論

浜口倫太郎闘資』読了。

ベンチャーキャピタリストを題材にした小説ということで手にとってみましたが、かなり大味な書きぶり。
丹念な取材を元にしたリアリティのある筆致、とかいうのを求める人には向きません。
著者はもともと放送作家だったそうで、善と悪、明と暗といったわかりやすいストーリーでまとめ上げるのが得意なのでしょうね、という感想です。

自分がかつて働いていた運用会社には、メガバンクの資本も入っていましたし、他の銀行さんからの転職組もいましたが、日系の金融機関の場合、基本的に縁故採用は無いです。
自分の子ども・孫というだけでなく、確か甥姪でもダメだったんじゃなかったかな。
個人での株取引にもかなりうるさく、例えば配偶者の個人の株式取引についても、本人の行ったものと同様の基準で制約が設けられていたり。
コンプライアンス至上主義というか、利益を上げることよりもそういう形式的なルール墨守の姿勢がメガバンクにはあるのでしょう。
良し悪しは別にして、逆に外資系の会社の方が、そういうところの倫理観は緩いと思います。
儲かれば良い、という。

なので、本書にあるようなメガバンクの頭取が自分の息子を子会社のキーマンに抜擢するとかいう話はありえません。
そもそも入社・入行できないので。
そうでなくとも、高校生の喧嘩で主人公が退学するとか、その後なぜか上京して土方の仕事に就くとか、そうはならんだろ、という展開が多いかな、という気はします。
そういう細かい矛盾はありつつも勢いで読ませ、中盤では全部オレの仕込みだった、的な流れで一旦落としつつ、少し暗転させつつも最後はハッピーエンドという展開はドラマ向きな感じ、と思いましたが、たしかに元放送作家さんの作品でした。

ベンチャーキャピタリストの仕事について知りたいという人にとっては、この本は違うかもしれません。

浜口倫太郎本

お父さんはユーチューバー (双葉文庫) [ 浜口倫太郎 ]
お父さんはユーチューバー (双葉文庫) [ 浜口倫太郎 ] 770円(税込)【送料込】

楽天ブックス

双葉文庫 浜口倫太郎 双葉社オトウサンハユーチューバー ハマグチリンタロウ 発行年月:2022年07月14日 予約締切日:2022年05月13日 ページ数:312p サイズ:文庫 ISBN:97845

闘資【電子書籍】[ 浜口倫太郎 ]
闘資【電子書籍】[ 浜口倫太郎 ] 1,760円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>関大輔はお金がなかった。父親が事業に失敗し出奔。母親は一生懸命に働いてくれるが、弟妹との生活費を賄うだけでいっぱいいっぱい。とても大学に進学することなどできず、おじの伝手で東京に出ることになる。

お父さんはユーチューバー【電子書籍】[ 浜口倫太郎 ]
お父さんはユーチューバー【電子書籍】[ 浜口倫太郎 ] 770円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>宮古島のゲストハウス「ゆいまーる」のひとり娘、小学5年生の海香は絵を描くことが大好きで、将来は東京の美術大学に入りたいと思っていた。楽しく毎日を送っていたが、父親の勇吾が突如「俺はユーチューバー

お父さんはユーチューバー [ 浜口倫太郎 ]
お父さんはユーチューバー [ 浜口倫太郎 ] 1,540円(税込)【送料込】

楽天ブックス

浜口倫太郎 双葉社オトウサンハユーチューバー ハマグチリンタロウ 発行年月:2020年07月27日 予約締切日:2020年03月26日 ページ数:272p サイズ:単行本 ISBN:978457524

闘資 [ 浜口倫太郎 ]
闘資 [ 浜口倫太郎 ] 1,760円(税込)【送料込】

楽天ブックス

浜口倫太郎 双葉社トウシ ハマグチリンタロウ 発行年月:2021年11月18日 予約締切日:2021年09月14日 ページ数:312p サイズ:単行本 ISBN:9784575244656 浜口倫太郎

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました