京都 仁々木 フルーツ大福

駄菓子

お歳暮にフルーツ大福というものをいただきました。
京都祇園仁々木というところのものだそうです。


しばらく京都にも住んでいたのに知らないなぁ、と思いましたが、会社設立が2010年とのこと。
結構勢いがあるようで、調べたら京都の大丸にも出店していました。
フロアマップを見たら出店は福砂屋の右隣。さらにその左は仙太郎で、そのあたりは記憶にあるんですけど、もともと何だったかなあ。思い出せない。
で、向かいのブースには鳴海餅も。
鳴海餅はお赤飯がおいしいですよね。もしかしたら本店だけの扱いかもしれませんが。

ちなみに福砂屋は中目黒にも工場があるので、実は関東圏へのお土産としてはあんまり有り難みがなかったりします。
会社勤めのころ、同僚が長崎旅行の土産で福砂屋のカステラを買ってきたときには、一斉に突っ込んだものです。
昔、あの近くのマンションに行ったことがあるのですが、どうやってもカステラ工場の甘い香りが部屋に入ってくるんですよね。
私はカステラ好きですが、24時間その香りと過ごすのは、さすがにきついだろうな、と思いました。

話がずれました。
フルーツ大福の話でした。
和菓子って日持ちの関係で、どんなにおいしくても域外には出回らないですよね。
仕方のないことだと思います。
その日作る分が売れたらもう店じまい、というのも普通ですしね。
京都くりや」とか、午前中の早いうちに、もう看板が降りてたりします。
最初の頃なんて、いつも店が閉まっているので、ここはもう店としてやってないのかな、とか思ってましたからね。

で、このフルーツ大福ですが、その問題をアクロバティックに解決しています。
冷凍で届き、食べるときはその2時間くらい前に冷蔵庫に入れて状態を少し戻してくれ、というもの。
冷凍で置いておく限りにおいては、和菓子ならではの日持ち云々の話とはほぼ無縁。
こういうやり方もあるんだな、と。
ていうか、元ネタは雪見だいふく?

結局、うちで食べたときは、まだ結構硬かったですけど・・・。
感想としては、冷蔵庫2時間でも戻すのには不十分かもしれませんよ、ということで。

和菓子

母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福2個箱【簡易包装・のし不可】
母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福2個箱【簡易包装・のし不可】 950円(税込)【送料別】

京都の和菓子 京みずは

詳細情報商品名生チョコ大福2個賞味期限発送日を含めて7日内容量1個あたり約58グラム直径約4.5×高さ約3.5センチ、外箱サイズ約幅7.5×縦13×高さ6(センチ)保存方法冷蔵発送・冷蔵保存のし・包装

母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福4個箱【簡易包装・のし不可】
母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福4個箱【簡易包装・のし不可】 1,650円(税込)【送料別】

京都の和菓子 京みずは

詳細情報商品名生チョコ大福4個賞味期限発送日を含めて7日内容量1個あたり約58グラム直径約4.5×高さ約3.5センチ、外箱サイズ約幅13×縦13×高さ6(センチ)保存方法冷蔵発送・冷蔵保存のし・包装の

母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福6個箱【簡易包装・のし不可】
母の日に京都の和菓子ギフト:生チョコ大福6個箱【簡易包装・のし不可】 2,360円(税込)【送料別】

京都の和菓子 京みずは

詳細情報商品名生チョコ大福6個賞味期限発送日を含めて7日内容量1個あたり約58グラム直径約4.5×高さ約3.5センチ、外箱サイズ約幅13×縦19×高さ6(センチ)保存方法冷蔵発送・冷蔵保存のし・包装の

一心堂 摘みたて菓実 フルーツ大福 パイナップル 4ヶ入 和菓子 スイーツ 和スイーツ フルーツ 大福
一心堂 摘みたて菓実 フルーツ大福 パイナップル 4ヶ入 和菓子 スイーツ 和スイーツ フルーツ 大福 1,600円(税込)【送料別】

一心堂【フルーツ大福】

・商品名:フルーツ大福 パイナップル大福 ・名称:生菓子 ・内容量:4個 ・賞味期限:製造日より2日(発送日含)※お届け日が消費期限です ・保存方法:要冷蔵(10度以下) ・原材料:【パイナップル大福

一心堂 摘みたて菓実 フルーツ大福 マスクメロン 4ヶ入 和菓子 スイーツ 和スイーツ フルーツ 大福
一心堂 摘みたて菓実 フルーツ大福 マスクメロン 4ヶ入 和菓子 スイーツ 和スイーツ フルーツ 大福 2,680円(税込)【送料別】

一心堂【フルーツ大福】

・商品名:フルーツ大福 マスクメロン大福 ・名称:生菓子 ・内容量:4個 ・賞味期限:製造日より2日(発送日含)※お届け日が消費期限です ・保存方法:要冷蔵(10度以下) ・原材料:【マスクメロン大福

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. […] 口に入れるといい感じにへニャってくれる感触は、言うなれば始めから外気に戻しておいた「雪見だいふく」。以前食べた京都仁々木の「フルーツ大福」もこの系統ですが、最近この「最後まで柔らかい」という食感が流行っているんですかね。 […]

タイトルとURLをコピーしました