三浦展 『お客さま、そのクレームにはお応えできません』 書評

三浦展 『お客さま、そのクレームにはお応えできません』 書評 大家業

ファスト風土』とか『下流社会』とかの三浦展さんの本だが、なぜか不動産仲介のお店の女性店長が主人公の小説。
どういう経緯でこの本を書くことになったのか。
近しい人にこういう人がいるのかな?
それで、いつも愚痴を聞かされているうちに小説の形式で書きたくなったのかな?
とそういう方面での想像は膨らむ。

ですが、主人公の42歳という設定は、大卒新人での22歳+20年ということで、本書の裏テーマは、やはり三浦さんらしく、この20年間での東京に住む人々の可処分所得の減少に伴う不動産賃貸業界の変化、ということなのだろうと考える。

一応、小説とはなっているが、特に起承転結があるとか、女店長の成長譚とかいうわけではない。
基本的には、一話ずつの短編で、何か大きな伏線が最後に覆される、とか、そういうこともない。
ひたすら不動産業界あるあるの話が、仲介店の店長の口調で語られる。
で、事故物件とかの話でも、あまりヘビーなところは書いていないのは、出版物だからでしょうか。
日々、ブログやTwitterで全国の大家さんの話を覗いている側からすると少し物足りない気も・・・。

ちなみに、2017年の書き下ろしの本で42歳女性という設定なので、主人公は1975年生まれ。
でも書いてるのはやっぱり三浦さんなので、
「この、トンチキと怒鳴りたくなったわ」
とか、違和感のある台詞もあったりして。
このあたり、池井戸潤さんの花咲舞の台詞にも通じるものだったりするんですが。
ネカマは難しい、というのと同じですね。

三浦展の本

花街の引力 東京の三業地、赤線跡を歩く [ 三浦展 ]
花街の引力 東京の三業地、赤線跡を歩く [ 三浦展 ] 2,200円(税込)【送料込】

楽天ブックス

東京の三業地、赤線跡を歩く 三浦展 清談社Publicoハナマチノインリョク ミウラアツシ 発行年月:2021年04月26日 予約締切日:2021年02月15日 ページ数:352p サイズ:単行本 I

下町はなぜ人を惹きつけるのか? 「懐かしさ」の正体 (光文社新書) [ 三浦展 ]
下町はなぜ人を惹きつけるのか? 「懐かしさ」の正体 (光文社新書) [ 三浦展 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

「懐かしさ」の正体 光文社新書 三浦展 光文社シタマチハナゼヒトヲヒキツケルノカ ミウラ アツシ 発行年月:2020年11月18日 予約締切日:2020年10月29日 ページ数:296p サイズ:新書

首都圏大予測 これから伸びるのはクリエイティブ・サバーブだ! (光文社新書) [ 三浦展 ]
首都圏大予測 これから伸びるのはクリエイティブ・サバーブだ! (光文社新書) [ 三浦展 ] 1,034円(税込)【送料込】

楽天ブックス

これから伸びるのはクリエイティブ・サバーブだ! 光文社新書 三浦展 光文社シュトケンダイヨソク ミウラ アツシ 発行年月:2020年02月19日 予約締切日:2020年01月31日 ページ数:296p

1980年代から見た日本の未来 2030年代を予測する視点【電子書籍】[ 三浦展 ]
1980年代から見た日本の未来 2030年代を予測する視点【電子書籍】[ 三浦展 ] 902円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>「あのころの未来」を、私たちは生きている。</p> <p>伝説のマーケティング雑誌「アクロス」元編集長の時代を読み解く視点</p> <p>1980年代を知れば、2030年が見えてくる!</p>

教養としての都市論 感性を刺激する33冊 [ 三浦 展 ]
教養としての都市論 感性を刺激する33冊 [ 三浦 展 ] 2,090円(税込)【送料込】

楽天ブックス

感性を刺激する33冊 三浦 展 彰国社キョウヨウトシテノトシロン ミウラ アツシ 発行年月:2021年08月03日 予約締切日:2021年07月07日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました