Dropbox 再インストール

PC

先日、Edgeの不具合から結局WIndowsのクリーンインストールと相成ったを書きました。
まっさらなところから組み直すのも、クラウドに残っているデータが増えてきた昨今では、そんなに苦ではなくなってきましたよね。
人によってはGoogleのアカウントさえ覚えておけば、大体環境は復元できる、なんていうケースもありそうです。
ただ、クラウドにデータがあるがゆえにそれを復旧させるのに余計に手間がかかるなんて言うケースも。

ええ、今回は表題の通りDropboxの再インストールの話です。
結構沼りました。
Dropboxの再インストールと言っても、DropboxをCドライブのデフォルトの位置に置いている人とかは何の気苦労も無いのでしょうけれども。
でも、そういう人はDropboxなんて使わないような気がするのですが…。

自分がDropboxで有料プランを導入したのは、もう10年以上前になります。
自宅のデスクトップPCにデータ用のドライブにRAID構成をしたものをドスパラで組んでもらい、「これならデータが消えることもないぞ!」と悦に入っていたら、ある日ハードディスクが動かなくなり、修理に出したら「RAIDが死んでます」という返事があり、かなりへこんだときでした。
RAIDってHDDのどちらかが死んでもデータが飛ばないようにするものじゃなかったのでしょうか。
RAIDの機材そのものが死んだからデータは復旧できません、とか言われてそれじゃ意味ないじゃん、と思ったものでした。
今考えると、単にそのときの担当者が、自分では復旧できない、という程度の意味あいだったんだと思います。
いずれにせよ、「使っていたHDDはまだ使えますよ」ということでフォーマットして返してくれたのでした…。

子どもが生まれた直後の動画とか入れてたんですけどね…。

そんなわけで、自分でファイルを管理していると消えるリスクがある、という考えに至り、データの形で保存できるものはすべてDropboxに突っ込めるようにしようと、かなり高いプランに入ることにしたのでした。

それからというもの、何度か勝手にプランが変わりつつもそれにお付き合いしてきました。
5,6年前ですかね。
再インストールしたらフォルダが「Dropbox」から「Dropbox (xxx)」に勝手に変わったときは、相当腹が立ちましたけれど。
勝手に変わるのもそうですが、フォルダ名に空白を入れるな!という話です。
あのときは、エクセルリンクとか全部書き直す羽目になりました。

その教訓があったのか、数ヶ月前の「Dropbox (xxx)」から「xxx Dropbox」への変更と、それまでのファイルがすべて個人名フォルダの下に移動する改変の際は、ショートカットみたいなものを用意して、既存のパスでもプログラムが動くようにはなっていましたね。

そんなことするくらいなら、変えなきゃいいのに、とは思うのですが。
百歩譲って「チームフォルダを作るから」というのは理解できるとしても「Dropbox (xxx)」から「xxx Dropbox」という、そこを変える意味がよくわからない…。

まあ、そこまで文句があるなら他のサービスに乗り換えればいいんですけどね。
サブスクものというのは変えるハードルってありますね。
Dropboxの下にDjangoサイトのファイルとか置いちゃってたりするので。

それはさておき、クリーンインストール後のDropboxの再インストールでのトラブルの話です。
フォルダをこれまでのドライブ/フォルダに移そうとすると

Dropbox フォルダ名またはファイル名 はすでに使用されています。
インストールを完了するために、既存のフォルダ名またはファイル名「xxx Dropbox」」を変更します。

という警告が出て先に進みませんでした。
Dropbox社ではフォルダをデフォルトの位置ではないところでインストールするのを「高度なインストール」というらしく、一応公式ページにも対処法が書いてあります。
レジストリまでイジって、Dropboxの痕跡をすべて消してから、再インストールすれば良い、ということです。
でも、それでも解決しませんでした。
Dropboxのサイト内でのコミュニティでは、既存のフォルダの名前を一時変更するか別の場所に移して再インストールを完了させ、その後ファイルを移動すれば良い、みたいな書き込みもありましたが、根本的な対処法ではないし、そういうのはあまりやりたくない…。

オフィシャルのコミュニティにそういう書き込みがあって、それが特に否定されたりもしていないことからもわかりますが、再インストールしたらフォルダ名が勝手に変わるとか、ある日を境にパスが変わるとかいうところとかも含めて、Dropboxにはそういう継続的なユーザーのことをあまり考えないカルチャーみたいなところはありますね。

で、そんなことに文句を言っていても始まらないので、こちらの対処法としては、一旦既存のDropboxフォルダがあるドライブを外して、他のドライブにパスを移して再インストールの形だけ終了させて、その後またパスを戻す、という作業をして乗り切りました。

このやり方で詰まったのは一点のみ。
そのドライブに仮想メモリが設定されていると、パスを変更しようとしたときに

「パラメーターが間違っています。」

と出て先に進めなくなります。

パスを動かすドライブに仮想メモリが設定されていると、ドライブ名を変更すると仮想メモリの保存ドライブが動きたくないとばかりにこのエラーを発信します。
仮想メモリを、予め他のドライブに設定しておきましょう。

まあ、そもそも再インストールでこんなことをしなくてはならないというのは問題だとは思います。

Dropbox本

【公式】Dropbox Plus 3年版 [Windows / Mac / iOS / Android対応][クラウドサービス] クラウド ストレージ オンラインストレージ ソースネクスト ドロップボ
【公式】Dropbox Plus 3年版 [Windows / Mac / iOS / Android対応][クラウドサービス] クラウド ストレージ オンラインストレージ ソースネクスト ドロップボ 42,700円(税込)【送料別】

ソースネクスト 公式ショップ

こちらの商品は、シリアル番号とダウンロード手順が記載されたものをお届けします。(商品発送あり。ROM版ではありません)

ソースネクスト [0000317470] Dropbox Plus 3年版 シリアルコード版 (新価格 2023年)
ソースネクスト [0000317470] Dropbox Plus 3年版 シリアルコード版 (新価格 2023年) 39,780円(税込)【送料込】

TT-Mall

※不良を除いて返品不可。※製品イメージは実際の製品と異なる場合があります。※メーカーにより、JANや型番等は予告なく変更されることがあります。(同等商品により返品・交換は不可となります。)※商品の詳細

ゼロからはじめるDropboxスマートガイド [ リンクアップ ]
ゼロからはじめるDropboxスマートガイド [ リンクアップ ] 1,408円(税込)【送料込】

楽天ブックス

リンクアップ 技術評論社ゼロ カラ ハジメル ドロップボックス スマート ガイド リンク アップ 発行年月:2017年02月 ページ数:224p サイズ:単行本 ISBN:9784774187358

ソースネクスト 317470 Dropbox Plus 3年版 シリアルコード版  [Windows / Mac / iOS / Android対応][クラウドサービス] クラウド ストレージ オンラ
ソースネクスト 317470 Dropbox Plus 3年版 シリアルコード版  [Windows / Mac / iOS / Android対応][クラウドサービス] クラウド ストレージ オンラ 38,800円(税込)【送料込】

Take1 楽天市場店

Dropbox & Google Drive & OneDrive & Ever (今すぐ使えるかんたんPLUS+) [ リンクアップ ]
Dropbox & Google Drive & OneDrive & Ever (今すぐ使えるかんたんPLUS+) [ リンクアップ ] 1,628円(税込)【送料込】

楽天ブックス

今すぐ使えるかんたんPLUS+ リンクアップ 技術評論社ドロップボックス アンド グーグル ドライブ アンド ワンドライブ リンク アップ 発行年月:2016年02月23日 予約締切日:2016年02

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました