織田信長 研究

織田信長 研究 評論

堀新・井上泰至編『信長徹底解読:ここまでわかった本当の姿』を読む。

信長についての最新研究の論考が各テーマごとに今起きている論争も整理しながら載っている。
テーマごとに二人の著者の担当という形だが、それぞれ信長の実像と虚像という形での分担にしており、この本の中で論争は無い(ように見える)。
編者のあとがきで、発行が遅れに遅れて申し訳ない、といった記述があるが、これなどこういった論争を避けるための調整に手間取ったのか、などと邪推もしてしまうが。

なお、実像編でそのテーマの最新の研究での歴史上の事実とみなされていることが書かれ、虚像編で過去どういう背景があってどのように語られてきたかが書かれ、の分担が編者の意図したところだろうが、そのことが各著者にうまく伝わって無さそうな章も散見される。
とはいえ、歴史を楽しむ側にとってはその峻別が大事なわけでもないので、それはそれで良し。

テーマが多岐にわたっているが、なにぶん著者の数が多く、ごった煮感が凄い。
それでもなお、本書を面白くさせてているのは織田信長という人物そのものの魅力だろうと思う。
一冊の本にストーリー的な読み込みを期待する向きには、倉山満『大間違いの織田信長』とかを推すし、本能寺の変での光秀の動機についての推察を楽しみたいなら明智憲三郎の一連の書籍『織田信長435年目の真実』などを勧めたい。

本書の各論者のポイント

○桶狭間の合戦
今川軍が尾張領を素通りして伊勢志摩侵攻を図ったのに激怒した若き信長の突発的な行動が発端。
織田軍は奇襲ではなく正面突破で義元を討った説が今のところ有力。

○美濃攻め
道三から信長への国譲りの遺言書は、本当にあったかどうかは別として、そのようなストーリーが美濃の武将が斎藤家を見限り織田方に寝返る際の精神安定剤として寄与していたと見られる。

○元亀の争乱
織田信長と浅井長政とのコミュニケーションミスの連鎖が、あんな結果に。

○長篠の戦い
鉄砲三千丁の三段撃ちはさすがにフィクション。
当時、信長は本願寺との戦を主軸にしていて武田勢相手に兵を失いたくなかった。
それゆえ守戦を決め込み、しばらく長篠城の前に兵を貼り付けておけば相手も撤兵するだろうと見込んでいたところ、勝頼はそれを相手は我らに怖気づいている、と見誤ったがゆえの偶発的な戦。
江戸期になり、華々しく語られたのは徳川が参戦した戦だったため。

○朝廷との関係
足利氏や徳川氏と異なり、信長・秀吉は幕府を開かなかったため、明治以降に「勤王」として脚色されてきた。

本能寺の変については、無論動機はわからないが、石谷家文書の研究から光秀が長宗我部と信長の間の板挟みにあっていたことは、すでに変の背景として列記される事項となっており、ほー、となった。
十数年前だったか、桐野作人氏の著作で読んだときはまだ新発見!みたいな扱いだったような。

信長について一家言ある方には是非。

信長本

惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻) [ ユニプラン編集部 ]
惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻) [ ユニプラン編集部 ] 1,320円(税込)【送料込】

楽天ブックス

ユニプラン編集部 ユニプランコレトウヒュウガノカミダイロクテンマオウヲウツネンピョウチョウアケチミツヒデオダノブナガイチダイキ ユニプランヘンシュウブ 発行年月:2020年03月20日 予約締切日:2

惟任日向守、第六天魔王を討つ! 年表帖 明智光秀・織田信長一代記(下巻) [ ユニプラン編集部 ]
惟任日向守、第六天魔王を討つ! 年表帖 明智光秀・織田信長一代記(下巻) [ ユニプラン編集部 ] 1,540円(税込)【送料込】

楽天ブックス

ユニプラン編集部 ユニプランコレトウヒュウガノカミダイロクテンマオウヲウツネンピョウチョウアケチミツヒデオダノブナガイチダイキ ユニプランヘンシュウブ 発行年月:2020年03月20日 予約締切日:2

織田信長と明智光秀 信長はそこにいなかった [ 益田寛一 ]
織田信長と明智光秀 信長はそこにいなかった [ 益田寛一 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

益田寛一 文芸社オダ ノブナガ ト アケチ ミツヒデ ノブナガ ワ ソコ ニ イナカッタ マスダ,カンイチ 発行年月:2020年04月 予約締切日:2020年03月11日 ページ数:64p サイズ:単

司馬遼太郎 「国盗り物語」文庫本 全4巻 新潮文庫●斎藤道三/織田信長7/明智光秀【中古】
司馬遼太郎 「国盗り物語」文庫本 全4巻 新潮文庫●斎藤道三/織田信長7/明智光秀【中古】 1,320円(税込)【送料別】

せいわ楽天市場店

【商品説明】 表紙カバーの色あせ、小口の焼けがありますが大きなダメージはありません。発行年はバラバラです。新潮文庫 司馬遼太郎歴史小説!「国盗り物語」文庫本 全4巻!!

明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。【電子書籍】[ 潮美瑶 ]
明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。【電子書籍】[ 潮美瑶 ] 200円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>20分で読めるミニ書籍です(文章量18,000文字程度=紙の書籍の36ページ程度)</p> <p>「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。<b

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました